撮影テクニック

一眼レフで背景をぼかす方法!F値(絞り)の設定についても解説

せっかく一眼レフを買ったのだから

スマホでは撮ることができない

一眼レフならではの写真が撮りたいですよね!

※ここでの一眼レフは

デジタル一眼レフカメラと

ミラーレス一眼を対象としています。

 

一眼レフらしい写真といえば

何と言っても「背景ボケ」がある

写真ではないでしょうか。

最近のスマホには

背景をボケされる機能はありますが

一眼レフで撮った写真のボケは

スマホの写真よりも自然で綺麗です。

 

この記事では

写真の背景をぼかす撮影のコツと

ボカシに大きく関わるF値について

ご紹介していきます♪

 

一眼レフで背景をぼかすためのポイント

それでは早速

一眼レフカメラを使って

背景がボケた写真を撮るコツを

3つお伝えします。

 

被写体との距離

1つ目は撮影する被写体との距離です。

被写体に近づけば近づくほど

背景はボケやすくなります。

被写体との距離を変えながら

何枚か撮影してみてください。

背景のボケ感の変化を

感じる事ができると思います。

実際に体験した方が身につくので

ぜひやってみてくださいね。

 

被写体との距離について

もう1つポイントがあり、

被写体と背景との距離を

長く撮った方がボケやすくなります。

例えば人物を撮影する時に

背景が壁であった場合、

その人と壁との距離が長い方が

背景となっている壁はボケやすいです。

もちろん物を撮影する際も同様です。

 

焦点距離を望遠にして撮影する

背景をボカす2つ目のコツは

レンズの焦点距離を望遠にして撮影することです。

例えば一般的に標準レンズと言われる

18-55mmの焦点距離に対応したレンズの場合、

広角側の18mmではなく

望遠側の55mmで撮影した方が

背景はボケやすくなります。

 

少し脱線しますが

望遠側の方が被写体の歪みが少ないので

人物を撮影する際は

望遠側で撮影した方が

自然な写真となります。

背景もボカすことができるので

「人物撮影は望遠側で」

覚えておくのも良いですよ。

 

また、標準レンズではなく

55-250mmといった焦点距離に対応した

望遠レンズを使えば

標準レンズよりも背景はボケます。

ただ、焦点距離によっては

被写体からの距離が長くなりすぎてしまうので

適切な距離感で撮影したい場合は

以下のボカしポイントを

取り入れてみてください。

 

F値(絞り)を小さくする

背景をボカすための3つ目のポイントは

F値を小さくして撮影することです。

まずはF値とは何か?簡単に説明します。

 

カメラのレンズの中には

「絞り(しぼり)」と呼ばれている

「レンズに入る光を調整する機構」があり

絞りをどれだけ開けるか=光をどれだけ取り込むか

をF値を使って設定します。

F値を小さくすることは、

絞りを開く=取り込む光の量を増やす

ことを意味して

F値を大きくすることは、

絞りを絞る=取り込む光の量を減らす

ことを意味します。

※カメラの知識として重要ではありますが

背景ボケという点では以下の項目が大事です。

 

また絞りは

ピントが合う奥行きとも対応していて

絞りを開くことは

奥行きが狭くなる=背景がボケる

ことになり、

絞りを絞ることは

奥行きが広くなる=背景まではっきり写る

ことになります。

つまり背景をボケさせるためには

絞りを開いてピントが合う奥行きを狭くすれば良く、

絞りを開くというのはF値を小さくすることと同じ意味なので

できるだけ小さなF値で撮影することが

ポイントになるということです。

 

F値とボケの関係について

イメージを掴んでいただいた上で

具体的なレンズの話をしていきます。

F値を小さくすれば

どのレンズを使ってもボケ感が作れるのか?

そう思われるかもしれませんが

それは半分正解で半分ハズレです。

 

というのも

レンズには開放F値というものがあり

あるレンズで設定することができる

最も小さなF値というものが

決まっているんです。

また標準レンズを例に挙げると

「18-55mm F3.5-5.6」というレンズの

F3.5-5.6の部分が開放F値を示していて

背景をボカすために望遠側で撮影する場合

F5.6が設定できる最も小さなF値となります。

F5.6でもそれなりのボケは作れますが

F2.8やF1.8まで対応したレンズよりも

同じ焦点距離の場合、ボケ感は少なくなります。

 

まずは標準レンズを使って撮影されてみて

もっとボケ感が欲しいと思ったら

例えば「17-50mm F2.8」のような

より小さな開放F値に対応したレンズを

購入されてみるのもオススメです。

 

さいごに

この記事では

一眼レフで背景をボカす方法について

3点お伝えしました。

・被写体との距離

・焦点距離を望遠にして撮影する

・F値(絞り)を小さくする

 

これらの理屈を知った上で

ぜひ様々なパターンで写真を撮って

その違いを体感されてください。

それが写真上達のための1番の近道です。

-撮影テクニック
-

© 2021 カメラショップ Cantik