撮影テクニック

カメラでピントが合わない原因と合わせ方!AF(オートフォーカス)版

一眼レフカメラの液晶で確認した時には

上手く撮れていると思ったのに

帰宅してパソコンで写真を見てみると

ピントが合っていない(ピンボケ)写真で

ガッカリした経験はありませんか?

ピントが合わない原因は様々で

その原因によって対処法も違います。

 

この記事では

AF(オートフォーカス)でピントが合わない複数の原因と

ピントの合わせ方についてお伝えしていきます!

 

まずはカメラとレンズの設定を確認

ファインダー内全体がボヤけている、

そもそもオートフォーカスが効かないという状態であれば

まずは以下の設定を確認してみましょう。

 

レンズのAF(オートフォーカス)がOFFになっている

オートフォーカス対応レンズは

AF(オートフォーカス)/MF(マニュアルフォーカス)を

切り替えるスイッチが付いています。

これがMFになっていると

オートフォーカスが動きません。

 

AF対応レンズなのに

AFが動かない状態であれば

このスイッチを確認してみましょう。

 

カメラボディの視度を調整する

一眼レフカメラのファインダーには

視度を調整する機能があります。

これが適切じゃないと

ファインダー内全体がボヤけて見えます。

普段メガネをかけている人が

かけ忘れている状態のようなものです。

 

視度の調整は多くのカメラの場合

ファインダーの横にある

視度調整ダイアルを使います。

ファインダーを覗きながらダイアルを回して

ハッキリと見える設定にしてください。

 

オートフォーカスでピントが合わない原因

上記のカメラの設定を確認した上で

ピントが合わない原因を見ていきましょう。

 

被写体に近づきすぎている

レンズによって

どれだけ被写体に近づけるかが決まっていて

最短撮影距離と呼びます。

例えばニコンの標準レンズである

「AF-S 18-55mm VR」の場合

最短撮影距離は28cmです。

この距離はレンズ先端からではなく

カメラ内のセンサー部からの距離です。

 

被写体までの距離が

最短撮影距離より短い場合

ピントを合わせることができません。

オートフォーカスで

全くピントが合わなかったら

被写体から距離をとってみてください。

 

AFポイントの位置が違う

カメラの設定によっては

オートフォーカスで撮影する際

どこにフォーカスを合わせるかを

カメラ任せにすることができ、

便利な面もありますが

思ったところにピントが合わないということも

多くあります。

 

対処法としては、1点AFにして

自分でピントを合わせる場所を

決めて撮影することです。

私のオススメのしては

中央1点をフォーカスポイントにして

ピントを合わせたい部分を中央にしてシャッターを半押し、

そのまま撮りたい構図までカメラを動かして

シャッターを切るという撮影方法です。

ピント合わせの後でカメラを動かすので

わずかな誤差は出ますが、

カメラ任せにするよりも

ピントが合う可能性は高くなります。

 

ピントが合いづらい被写体である

被写体によっては

オートフォーカスでピントを合わせることが

難しいものがあります。

例えば白い壁のような濃淡がない被写体では

オートフォーカスで被写体までの距離を判断できず

ピントが合わないことが多いです。

また、被写体が原因ではないですが

極端に明るい場所や暗い場所でも

オートフォーカスではピントが合いづらいです。

 

対処法としては

MF(マニュアルフォーカス)にして

自分でピントを合わせることです。

オートフォーカスでどうしてもピントが合わなければ

MFで撮影してみてください。

 

カメラボディまたはレンズに問題がある

撮影するほとんどの写真でピントが合わない場合

撮影方法ではなく機器側が原因である可能性があります。

ピントが前後にずれるレンズの前ピン、後ピンは

よくあることですので(私のレンズでもありました)

気になる場合はメーカーメンテナンスを受けると安心です。

 

さいごに

今回は

カメラのオートフォーカスで

ピントが合わない原因と対処法について

お伝えしました。

これらの原因に気をつけながら

・同じ構図で複数枚撮影する

・その場で大きな画面で確認する

といった対策をとることで

思い出に残る写真を多く残せますよ♪

 

また、ピンボケと同様に起きてしまう

手振れ写真についても

原因と対処法を以下の記事で解説していますので

合わせてご覧ください。

カメラでの撮影で手ぶれする原因と手振れを防ぐ方法

-撮影テクニック
-

© 2021 カメラショップ Cantik